包茎の種類と対処方法

包茎の種類と対処方法

手で包皮を剥くことができる状態の物を仮性、剥くことができないものを真性包茎と分けることができます。

剥くことはできるのですが包皮の尖端が狭くなっていて陰茎を締めつけてしまい血流障害がおこる場合の状態をカントン包茎といいます。

自分で包皮を剥くことができるか性の場合では特に手術などの治療は必要ありません。
ただしお風呂などでしっかりと包皮の内部を洗浄して不潔にならないようにしないと菌が繁殖するなどして感染症になってしまう可能性があるので注意が必要です。

カントン包茎は先述しましたが包皮が狭いために無理に剥くと陰茎を締めつけた状態になってしまうので血の流れが悪くなり障害がおこりますので治療が必要です。真性の場合も包皮を剥いて内部を洗うことができないために仮性に比べて感染症になるリスクが非常に高くなります。

また大人になるまで放置をしておくと感染症だけでなく、性機能障害や陰茎癌といった病気などになってしまう可能性があり、その他にも鬼頭包皮炎や排尿障害などといった症状がおこることも考えられるので、治療をした方がいいでしょう。

包茎の治療方法としては手術が代表的ですが、手術をする前にステロイド軟こうを使った治療法もあります。
軟膏を利用して六カ月ほどの時間をかけて行う治療法です。やり方としては軟膏を塗ってゆっくりと時間をかけて包皮を剥く練習をしていきます。

この時無理をすると血が出るなどの痛みを感じることがありますので、あくまでも無理をしないで少しずつ慣らしていくことが大切です。

これで改善しない場合は手術を考えましょう。

包茎手術・包茎治療を静岡でするならココがお勧め!評判・口コミへ



 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ