日本と世界の「包茎」の違い

日本と世界の「包茎」の違い

現代の日本では「包茎」という言葉にネガティブなイメージを持つ人は多くとも、ポジティブなイメージを持っているというような人はほとんどいないのが実際のところです。

日本は国民の7割が包茎であるともされる国ではありますが、それでは日本と世界を「包茎」というポイントで比較してみると、どういった違いがあるのでしょうか。

まず日本とは明らかに違いがあるとされるのがヨーロッパ各国です。
ヨーロッパ各国は世界の中でも陰茎が大きい体格をしているという特徴もありますが、この地域では「包茎」に対するネガティブイメージはかなり少ないのが実際のところです。

レオナルド・ダ・ヴィンチが手掛けたダビデ像も包茎であったように、この国では「陰茎が包皮に包まれている」と言う状態を自然な物として捉える文化があるのです。

では次に日本ともかかわりが深い経済大国であるアメリカはどうかと言うと、ここでは「新生児段階で割礼を行う」という文化がありました。
割礼とはキリスト教やユダヤ教、イスラム教といったような諸宗教で行われる文化であり、新生児の時点で陰茎の包皮の一部を切除することで包茎を予防する施術が行われるというものです。

最近だと正しい性知識が広まった影響もあり、かつてのように「割礼は絶対に必要だ」とされることは無くなってきましたが、それでも敬虔なクリスチャンなどの中には割礼を行うべきものとして考える人もいます。

「包茎」という一つの概念を取って見ても、世界ではさまざまな違いがあります。
日本国内でこそネガティブなイメージを持たれていますが、健康を害しているというわけでなければさほど重く考える必要もないのが実際のところなのです。

包茎手術・包茎治療を静岡でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ