包茎の種類と治療法

包茎の種類と治療法

包茎は男性の悩みの1つと言われ、昔では大人の男性たちが教えていたりしましたが、今ではあまりいないので1人で悩む方が多いと言えます。この包茎とはどのようなことかというと、男性性器の亀頭が皮に包まれている状態を言いますが病気ではありません。

大きくなるに従い男性性器も成長し、3歳頃には90%の人が大人と同じような状態になります。

通常の男子は小さい時から自分の性器に興味を持ち亀頭を露出させる子もいますが、多くの場合は中学生から高校生にかけて自分自身で剥く行為をします。

中にはならずにそのままの方もいます。包茎には種類があり、亀頭の先や中間まで剥けても亀頭全体が露出していない真性包茎と、剥けば亀頭全てを露出させることができますが、剥いた皮が元に戻ってしまう仮性包茎と、剥けても皮が硬く口が狭いために陰茎が締め付けられる状態のカントン包茎です。

ほとんどの方は、剥いてしまえば成人男性の男性性器と変わらない状態になりますが、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりバイ菌が繁殖して炎症を起こす包皮亀頭炎を繰り返したり尿線の異常があるなどのひどい場合には、泌尿器科の受診をして適切な治療を行ったり、手術を受けたりする必要があります。

手術の場合は全身麻酔で行う為、あまり小さな子供には行うことはありませんが、大人の方でも医師の診断によっては手術を行わない場合もあるので、受診時に主治医の先生としっかり話すことが必要となります。

包茎手術・包茎治療を静岡でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ