老人性包茎について

老人性包茎について

近年では、老人性包茎というものに罹る方が増えています。この老人性包茎は、中高年の多くが発症する可能性がある包茎のことです。統計によると、60代以降の5人に1人の割合で老人性包茎になるといわれています。

この包茎の特徴は、患者さんの生活スタイルや体質、元々のペニスの状態に関わらず、誰にでも起こりうる可能性がある病気です。

この包茎になってしまう原因は、歳を重ねて体力が衰えてしまうことによるものです。体力が落ちると、自然と下腹部が張り出してお腹や垂れてきます。

その垂れた皮膚の中に、ペニスが埋まってしまうのです。あるいは、ペニス自体が加齢のために委縮して短くなってしまいます。そこに上からお腹が垂れてくることで、包皮をかぶってしまいます。

このような状態になると、膿や垢が溜まってとても不衛生です。
このような症状を解消するためには、クリニックでの埋没陰茎矯正術が効果的といわれています。
この施術は、体内に埋没している陰茎を引っぱって特殊な糸で固定する手術です。
この施術で、ペニスが皮膚に埋没するのを防ぐことができます。

施術の具体的な手順は、まずペニスに部分麻酔を行います。
それから、ペニスの付け根にメスを入れて、ペニスと恥骨をつなげている靭帯の一部を剥がしていきます。

そして、埋没していたペニスを引っ張り出して、元に戻らないように吸収糸で固定するだけです。
とても難しそうな施術ですが、簡単に行うことができます。

包茎手術・包茎治療を静岡でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ